ニュース
» 2006年08月17日 15時06分 公開

ソーテック、3万円台のWXGA+対応19インチワイド液晶発売

ソーテックは、WXGA+表示に対応する19インチワイド液晶ディスプレイ「LB19JW-01」を発売する。応答速度は5ms。

[ITmedia]
photo LB19JW-01

 ソーテックは8月17日、WXGA+表示に対応する19インチワイド液晶ディスプレイ「LB19JW-01」を発表、8月18日より出荷を開始する。価格は3万9800円(税込み)。

 LB19JW-01は、1440×900ドット(WXGA+)表示をサポートする19インチワイド液晶ディスプレイで、応答速度5ms、コントラスト比850:1を実現、動画表示に強い設計となっている。その他の表示スペックは、輝度300カンデラ/平方メートル、視野角は上下160度/左右170度となる。

 インタフェースはアナログD-Sub×1、DVI×1の2系統を装備。本体下部に出力1ワット×2のステレオスピーカーを内蔵する。本体サイズは443(幅)×200(奥行き)×382(高さ)ミリ(突起物含まず)、重量は約3.8キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう