ニュース
» 2006年08月17日 17時05分 公開

UAC、オーディオ入出力付きスリムキーボード

ユーエーシーは、オーディオ入出力端子を装備する日本語109配列のUSBスリムキーボード「PK-306」を発売する。

[ITmedia]
photo PK-306W

 ユーエーシーはこのほど、オーディオ入出力端子を装備するスリムキーボード「PK-306」シリーズ3製品を発売した。製品ラインアップは、ホワイトモデルの「PK-306W」、シルバーモデルの「PK-306SB」、ブラックモデルの「PK-306B」の3カラーバリエーションを用意、価格はいずれもオープン。

photo スタンドアップデザインのイメージ図  キーボード奥側が幅広デザインとなっており、倒立状態で縦置きにすることができる

 PK-306シリーズは、パンタグラフ式の薄型キーを採用する日本語109キーボード。本体右側面にイヤフォン端子/マイク端子を装備しており、IP電話利用時などに便利な設計となっている。また、キーボード未使用時には本体を垂直に立てられる「スタンドアップデザイン」を採用しているのも特徴だ。

 インタフェースはUSBで、USB−PS/2変換コネクタが付属する。本体サイズは450(幅)×154(奥行き)×30〜38(高さ)ミリ。対応OSはWindows 98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう