ニュース
» 2006年09月11日 12時23分 公開

シグマA・P・O、アルミ筐体採用のスリムデザインキーボード「BLADE」

シグマA・P・Oシステム販売は、アルミ筐体を採用するパンタグラフ式スリムデザインキーボード「BLADE」を発売する。

[ITmedia]
photo

 シグマA・P・Oシステム販売は9月11日、アルミ筐体を採用するスリムデザインキーボード「BLADE(ALPK107)」シリーズを発表、9月下旬より発売する。製品ラインアップはブラックとシルバーの2カラーバリエーションを用意。価格はオープン、予想実売価格は7980円前後(税込み)。

 ALPK107は、USB/PS/2接続対応の日本語107キーボードで、ヘアライン加工を施したシャープなデザインが特徴。またキートップ部の刻印に独自のデザイン文字を採用するほか、日本語表記を廃するなどデザイン性に重点を置いた作りとなっている。キーボード部はパンタグラフ式キーを採用、新開発のラバーキャップの使用により、キー耐久性能を約1000万回に向上させた。

 本体左上部にメディアコントロール用キーなどホットキー7種を装備する。本体サイズは405(幅)×179(奥行き)×25(高さ)ミリ、重量は約900グラム。

photophotophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう