ニュース
» 2006年03月31日 19時41分 公開

シグマA・P・O、薄型フォルム採用のスリム・コンパクトキーボードキーボード

シグマA・P・Oは、手首への負担が少ないゼロディグリーフォルムを採用した日本語104キーボードを4月上旬より発売する。価格は3980円。

[ITmedia]

 シグマA・P・Oシステム販売は3月31日、ゼロディグリー/平行フォルムを採用するUSB接続タイプの日本語104キーボード「SUKB104」シリーズを4月上旬より発売すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は3980円(税込み)。

photo シグマA・P・O「SUKB104」シリーズ。シルバー(SUKB104SV)/ホワイト(SUKB104WH)/ブラック(SUKB104BL)の3カラーを用意する

 「SUKB104」シリーズは、19ミリの薄型筐体にて長時間の作業でも手首への負担を軽くするゼロディグリーフォルムの採用を主な特徴とする。キー部は300万回の打鍵耐久性を持ち、操作時の静音性も優れるメンブレンスイッチを、本体上部にブラウザ/メールソフト起動やオーディオソフト操作が行える12種類のマルチメディアホットキーを搭載する。

 本体サイズは、388.2(幅)×182.9(奥行き)×19.3(高さ)ミリ、重量約670グラム(ケーブル含む)。キーピッチ19ミリ、キーストローク3(±0.3)ミリ。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう