PC USER Pro

日本HP、Core 2 Duo搭載/vPro対応の企業向けデスクトップ

» 2006年09月14日 14時00分 公開
[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは9月14日、CPUとしてIntel Core 2 Duoを搭載する企業向けデスクトップPC「dc7700」シリーズを発表した。

 製品ラインアップは、固定仕様モデルの「HP Compaq Business Desktop dc7700 US」「同 dc7700 SF」「同 dc7700 MT」(以下「dc7700 US」「dc7700 SF」「dc7700 MT」)、カスタマイズ対応モデルの「HP Compaq Business Desktop dc7700 US/CT」「同 dc7700 SF/CT」「同 dc7700 MT/CT」(以下「dc7700 US/CT」「dc7700 SF/CT」「dc7700 MT/CT」)の6製品を用意。固定仕様モデル3製品は9月14日から、カスタマイズモデル3製品は9月19日からの提供となる。価格はdc7700 USが11万3400円から、dc7700 SFが12万8100円から、dc7700 MTが15万1200円から、dc7700 US/CTが10万2900円から、dc7700 SF/CTが12万3900円から、dc7700 MT/CTが12万6000円から(いずれも税込み)。

photophotophoto dc7700 US(左)、dc7700 SF(中)、dc7700 MT(右)

 dc7700シリーズは、いずれもマザーボードにIntel Q965 Expressチップセット搭載製品を採用する企業向けデスクトップPCで、ウルトラスモール筐体採用のdc7700 US/dc7700 US/CT、スリム筐体採用のdc7700 SF/dc7700 SF/CT、ミドルタワー筐体採用のdc7700 MT/dc7700 MT/CTの3ラインを用意。CPUとしてPentium DおよびCore 2 Duoを搭載可能となっている。

 メモリはDDR2 512Mバイト〜2Gバイト、HDDは80Gバイト〜250Gバイト、光学ドライブはCD−ROM/DVD-ROM/DVDコンボ/2層対応DVDスーパーマルチドライブを選択できる。セキュリティ機能として、TPM1.2準拠のセキュリティチップを搭載するほか、ネットワーク経由でのリモートPC管理とセキュリティ管理を行なえる「vProテクノロジー」にも対応、管理者側からの各PCの異常検出などを行なうことができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー