PC USER Pro
ニュース
» 2006年10月03日 11時01分 公開

プラネックス、不正アクセス検出も可能な多機能無線LANアクセスポイント「CQW-BS1000」

プラネックスコミュニケーションズは、企業向けとなる多機能無線LANアクセスポイント「監視万能 for wireless(CQW-BS1000)」を発売する。

[ITmedia]
photo CQW-BS1000

 プラネックスコミュニケーションズはこのほど、企業向けとなる多機能無線LANアクセスポイント「監視万能 for wireless(CQW-BS1000)」を発表、10月中旬より発売する。価格はオープン、同社直販サイト「プラネックスダイレクト」価格は12万8000円(税込み)。

 CQW-BS1000は、IEEE802.11a/b/g無線LAN通信に対応する無線LANアクセスポイント。周囲の無線環境を常に監視し許可なく接続されたアクセスポイントを発見する「不正アクセスポイント検出機能」、無線LANの周波数帯域を調べることで電波干渉状況を容易に確認できる「スペクトラムアナライザ機能」、アクセスポイント同士の電波干渉を最小限に抑える「電波最適化機能」などを装備。また超高速ローミングに対応、ローミング時間は50ms以下となっている。

 セキュリティ機能としては64/128ビットWEPのほかWPA/WPA2もサポート。端末を最大8つにグループ化できるVLAN機能のほか、VLANごとにSSIDを設定できるマルチSSIDも利用できる。

 有線LANポートは10/100BASE-TXポート8基を装備。本体サイズは352(幅)×160(奥行き)×45(高さ)ミリ、重量は約1.55キロ(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう