PC USER Pro
ニュース
» 2006年10月10日 18時36分 公開

社内LANを監視する「監視万能 for comliance」4製品を発売――プラネックス

プラネックスコミュニケーションズは、社内LAN監視シリューション「監視万能 for compliance」シリーズ計4製品を発売する。

[ITmedia]

 プラネックスコミュニケーションズは10月10日、社内LAN監視シリューション「監視万能 for compliance」シリーズを発表、11月上旬より発売を開始する。

 ユーザー規模に応じた計4製品をラインアップ。50程度のモニタリング数に対応する「KBC-50」、150程度に対応する「KBC-150」、500程度に対応する「KBC-500」、1000程度に対応する「KBC-1000」を用意。価格はいずれもオープンとなっている。

photo 左から順にKBC-50/KBC-150/KBC-500/KBC-1000
photo モニタリングの様子

 監視万能 for complianceシリーズは、社内LANのアクセス監視を行なえるセキュリティソリューション。専用のLAN機器を接続するだけで導入が可能で、ネットワーク管理者なしでの導入/運用が行なえる。モニタリングや設定はWebブラウザから実行でき、通常のWeb閲覧のほかFTP/TELNET、メール、メッセンジャーによる通信を監視。従業員による不正行為の防止や、情報漏洩時の原因究明などに効果を発揮する。


 またプラネックスコミュニケーションズは、同製品に1年間のオンサイト保守をサービスするキャンペーン「日本版SOX法導入キャンペーン」を実施する。同キャンペーンでは、2007年3月末までに監視万能 for comlianceシリーズを購入したユーザーに対して、1年間のオンサイト保守を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.