PC USER Pro
ニュース
» 2006年10月18日 17時56分 公開

WPC TOKYO 2006:レノボ、Core 2 Duo搭載ノートPCの未発表製品を多数展示

WPC TOKYO 2006のレノボ・ジャパンブースでは、Core 2 Duo搭載ノートPCの未発表モデルが数多く展示されている。

[前橋豪,ITmedia]
参考出展されていたCore 2 Duo搭載のLenovo 3000 V100 Notebook

 WPC TOKYO 2006のレノボ・ジャパンブースでは、ThinkシリーズおよびLenovo 3000シリーズの各モデルが展示されている。10月18日に発表されたばかりのエントリーノートPC「Lenovo 3000 C200 Notebook」に加えて、展示中の多くのモデルが未発表製品となっている点に注目したい。

 展示されている未発表モデルは、Lanovo 3000シリーズが「Lenovo 3000 N100 Notebook」と「Lenovo 3000 V100 Notebook」で、ThinkPadシリーズが「ThinkPad X60s」、「ThinkPad X60」、「ThinkPad T60」、「ThinkPad Z61p」、「ThinkPad Z61t」と多岐に渡る。いずれも発売予定はあるものの、時期については非公開とのこと。

 展示品の本体デザインは従来モデルとほとんど変わらないが、ThinkPad X60s以外のモデルはCPUにCore 2 Duoを搭載しているのが確認できた(ThinkPad X60sはCore Duo搭載)。また、ThinkPad X60、ThinkPad Z61p、ThinkPad Z61tの展示品に関しては、液晶ディスプレイ右側面に数ミリの突起が追加されている。これはMIMO(Multiple Input Multiple Output)に対応した3本目の無線LANアンテナを内蔵するためのものだという。MIMOのサポートにより、今後の新製品は、無線LAN環境での通信品質向上が期待できそうだ。

Core 2 Duoを搭載したThinkPadの未発表モデルがまとめて展示されている。左からThinkPad X60、ThinkPad T60、ThinkPad Z61t、ThinkPad Z61pの順に並ぶ
ThinkPad X60未発表モデルの液晶ディスプレイ部には、MIMO対応無線LANアンテナ内蔵用の突起部がある。この部分だけ光沢感あるピアノブラック調の塗装だ
ThinkPad Xシリーズの分解した様子やマザーボード、ヒートパイプ付き冷却ファン、HDDを固定する緩衝材などのパーツも展示されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう