ニュース
» 2006年11月10日 14時02分 公開

上海問屋、ベアSATA HDD3基を出し入れ交換できる多段5インチベイラック

エバーグリーンは、ベアタイプのSerial ATA HDDをフロントパネルから交換できる5インチベイ多段タイプのHDDラックを発売する。2段占有でHDD3基搭載可能なモデル、および3段占有でHDD4基搭載可能なモデルの2タイプを用意。

[ITmedia]
photo EG-RM400ABK

 エバーグリーンは11月10日、ベアタイプのSerial ATA HDDをフロントパネルから交換できる5インチベイ多段タイプのHDDラックを発表、同社直販「上海問屋」にて発売を開始した。

 製品ラインアップは、5インチベイ2段占有モデル(HDD3基搭載可能)の「EG-RM400ABK」、5インチベイ3段占有モデル(HDD4基搭載可能)の「EG-RM500ABK」の2製品で、価格はEG-RM400ABKが9980円、EG-RM500ABKが1万2980円(双方税込み)。

photo EG-RM500ABK

 EG-RM400ABKおよびEG-RM500ABKは、5インチベイを多段占有するHDD用ラックで、3.5インチSerial ATAの内蔵に対応。前面のパネルを開くことで、ベアSerial ATA HDDをそのまま抜き差しできる。

 内部の接続端子には、端子の磨耗を防ぐ「NSS (Non Scratch SATA)」コネクターを採用。また背面部に冷却ファンを装備しており、HDD挿入時にのみファン回転が行なわれる。なお、ポートマルチプライヤには対応しておらず、内部接続は台数分のSerial ATA接続が必要となる。

関連キーワード

ハードディスク | 上海問屋


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう