ニュース
» 2006年11月22日 11時54分 公開

エイサー、実売6万円のSempron搭載省スペースデスクトップ「AcerPower1000」

日本エイサーは、幅6センチの薄型ブック筐体を採用するデスクトップPC「AcerPower1000」を発売する。

[ITmedia]
photo AcerPower1000

 日本エイサーは11月22日、幅6センチの薄型ブック筐体を採用するデスクトップPC「AcerPower1000」を発表、11月25日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は6万円前後。

 AcerPower1000は、Sempron 3200+(1.8GHz)を搭載する省スペースデスクトップPCで、マザーボードにNVIDIA nForce 430 MCP51チップセット搭載製品を採用。本体サイズ60(幅)×250(奥行き)×200(高さ)ミリ、重量約2.7キロのコンパクト設計を実現している。

 静音性も追求しており、動作音を約26デシベルまで低減させた。電源供給は付属の90ワットACアダプタからの給電となる。搭載メモリはDDR2 512Mバイト(最大2Gバイト)、HDDはSerial ATA 80Gバイト、光学ドライブはスロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブを内蔵。グラフィックス機能はチップセット内蔵のGeForce 6150 LEを利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう