ニュース
» 2006年11月30日 15時30分 公開

マウスコンピューター、業務端末向けの完全ファンレス超小型PC「GSX-STB」

マウスコンピューターは、各種業務端末向けとなる超小型筐体採用デスクトップPC「GSX-STB」シリーズ3製品を発売する。下位2モデルは完全ファンレス動作が可能だ。

[ITmedia]
photo GSX-STBシリーズ

 マウスコンピューターは11月30日、各種業務端末向けとなる超小型筐体採用デスクトップPC「GSX-STB」シリーズ3製品「GSX-STB L01-N」「同 M01-N」「同 H01-N」を発表、発売を開始した。いずれもBTOカスタマイズに対応、1台単位での参考販売価格はL01-Nが4万7040円、M01-Nが7万3290円、H01-Nが10万4790円(いずれも税込み)。

 GSX-STBシリーズは、ホテルやマンションなどのインターネット端末や医療機関における床頭台端末としての利用を想定した小型筐体採用のデスクトップPCで、本体サイズは210(幅)×280(奥行き)×78(高さ)ミリ。電源供給はACアダプタ式ではなく、電源ユニット内蔵タイプとなっている。

 搭載CPUはL01-NがVIA C7 1GHz、M01-NがCeleron M 1GHz、H01-NがCore 2 Duo T5500(1.66GHz)。L01-NおよびM01-Nの2モデルは完全ファンレス動作を実現している(H01シリーズの完全ファンレスタイプについては現在開発中)。ストレージは2.5インチHDDを搭載可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう