ニュース
» 2007年01月25日 14時29分 公開

HappyHackingなキーボードにMac専用モデルが登場

PFUは、同社製コンパクトキーボード「HHKB Lite2」のMac専用モデルを発売する。Mac miniに合わせたスノーホワイトカラーを採用、キートップをMac用刻印としたほかキーカスタマイズも行なえる。

[ITmedia]
photo PD-KB220MA(左上)、PD-KB200MA(右下)

 PFUは1月25日、同社製コンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard Lite 2」(以下「HHKB Lite2」)のMac専用モデル「HHKB Lite2 for Mac」シリーズを発売した。英語配列モデルの「PD-KB200MA」、日本語配列(かな無刻印)モデルの「PD-KB220MA」の2製品を用意。価格は双方オープン、同社直販「PFUダイレクト」価格は6300円(税込み)。

 HHKB Lite2 for Macは、同社従来製品のテンキーレスタイプのミニキーボード「HHKB Lite2」のMac用モデルとなるUSBキーボードで、Mac miniにもフィットするスノーホワイトカラーを採用した。

 機能面でもMac向けにカスタマイズされており、CommandキーやOptionキーなどMac専用の刻印をキートップに施したほか、マルチメディアキーやEjectキーなどのMac専用キーについてもファンクションキーとの併用により標準で利用可能とした。またキーカスタマイズ機能も備えており、付属の専用ドライバを用いることにより好みに応じたキー割り当てを行なうことができる。

 キー配列は、英語配列モデルのPD-KB200MAがUS配列65キー仕様、日本語配列モデルのPD-KB220MAがJIS配列68キー仕様。本体背面にUSB1.1ハブを2ポート装備、本体サイズは294(幅)×120.5(奥行き)×38.6(高さ)ミリ、重量は680グラム。

photophotophoto PD-KB200MAのキーボード配列(左)、PD-KB220MAのキーボード配列(中)、本体背面(右)

 なお同社では、今回のMac専用モデルの製品化について「アンケート調査ではMac所有者率が25%と非常に高く、専用キーボードへの要望が高かった」としており、今後2年間で2万台の販売を目標としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう