ニュース
» 2007年01月26日 10時24分 公開

東芝、Web直販モデルにVista搭載製品3シリーズを追加

東芝は、WebオリジナルモデルとなるノートPC計3シリーズ「dynabook Satellite TXW」「Qosmio F30W/87AW」「dynabook Satellite CXW」を発表した。

[ITmedia]

 東芝は1月26日、直販サイト「東芝ダイレクトPC by Shop1048」オリジナルモデルとなるノートPC計3シリーズ「dynabook Satellite TXW」「Qosmio F30W/87AW」「dynabook Satellite CXW」を発表、1月29日より受注を開始する。価格はdynabook Satellite TXWシリーズが13万9800円から、Qosmio F30W/87AWが24万7800円、dynabook Satellite CXWが11万2800円から(いずれも税込み/以下同様)。

photophotophoto dynabook Satellite TXW(左)、Qosmio F30W/87AW(中)、dynabook Satellite CXW(右)

 dynabook Satellite TXWシリーズは、直販モデルの従来製品「Satellite AW6」の後継モデルとなる製品で、15.4インチワイド液晶を搭載。OSとしてWindows Vista Home Premiumをプリインストールする。計3バリエーションのラインアップを用意、Celeron M 430(1.73GHz)搭載の下位モデル(13万9800円から)、Core 2 Duo T5500(1.66GHz)搭載モデル(15万9800円から)のほか、グラフィックスコアとしてGeForce Go 7600を搭載するグラフィック強化モデル(18万9800円から)も選択できる。

 「Qosmio」シリーズの最新モデルとなるQosmio F30W/87AWは、CPUにCore 2 Duo T7200(2GHz)を搭載し15.4インチワイド液晶を内蔵する高機能モデルで、地上デジタルTVチューナーを標準装備。また地上デジタル用の室内アンテナも付属する。搭載OSはWindows Vista Home Premium。

 dynabook Satellite CXWは、OSとしてWindows Vista Home Basicを搭載するエントリークラスのノートPCで、CPUはCeleron M 430(1.73GHz)、ディスプレイは14.1インチワイド液晶を内蔵。搭載メモリのカスタマイズやOfficeソフト(Office Personal 2007+PowerPoint 2007)の付属なども選択することが可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう