ニュース
» 2007年01月30日 11時06分 公開

エプソンダイレクト、5万円台からのエントリーデスクトップ「Endeavor MT7800」など3モデル

エプソンダイレクトは、ミニタワー筐体採用デスクトップPC「MT7700」の後継モデル「Endeavor MT7800」およびA4/B5ノートPC「Endeavor NA702」「Endeavor NA102」の計3製品を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor MT7800

 エプソンダイレクトは1月30日、ミニタワー筐体採用デスクトップPC「Endeavor MT7800」、A4ノートPC「Endeavor NA702」、B5モバイルノートPC「Endeavor NA102」の計3モデルを発表した。最小構成価格はEndeavor MT7800が5万5650円から、Endeavor NA702が11万9700円から、Endeavor NA102が12万9780円から。

 Endeavor MT7800は、同社製ミニタワーPC「Endeavor MT7700」の後継モデルとなる高コストパフォーマンスモデルで、マザーボードにIntel 945G Expressチップセット搭載製品を採用。Celeron D 347(3.06GHz)およびPentium 4/Pentium D、Core 2 Duoも選択可能となっている。最小構成時で256Mバイト〜3Gバイト、HDDは40Gバイト〜400Gバイト。セキュリティ機能としてTCG v1.2準拠のセキュリティチップを標準搭載する。

photophotophoto Endeavor NA702(左)、Endeavor NA102(中)、およびEndeavor NA102のバリエーションモデルとなるホワイト筐体採用の「Endeavor NA102 White Edition」(右)

 Endeavor NA702は、2スピンドルA4ノートPC「Endeavor NA701」の後継モデルで、14.1インチ液晶(1024×768ドットまたは1400×1050ドットから選択可能)を内蔵。CPUはCeleron M 410(1.46GHz)およびCore 2 Duoを選択できる。メモリは512Mバイト〜1.5Gバイト、HDDは40Gバイト〜160Gバイト。TCG v1.2準拠のセキュリティチップのほか指紋センサーを搭載。OSはWinows Vista Home Basic/同 Home Premium/同 Bussiness/同 Ultimate、およびWindows XP Home Edition/同 Professionalから選択可能となっている。

 Endeavor NA102は、2スピンドルタイプのB5モバイルノートPCで、1024×768ドット表示対応の12.1インチ液晶を内蔵、本体重量は光学ドライブ搭載時で約1.2キロ、光学ドライブ未搭載(ウェイトセーバー装着)時で約1.1キロとなる。CPUは超低電圧版Celeron M 423(1.06GHz)、超低電圧版Core Solo U1400、超低電圧版Core Duo U2500を搭載できる。メモリは512Mバイト〜1.5Gバイト、HDDは40Gバイト〜100Gバイト。OSはVista Home Basic/同 Business、Windows XP Home Edition/同 Professionalを搭載できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう