ニュース
» 2007年02月14日 17時15分 公開

松下、SDメモリへのダイレクト画像保存も可能なIPv6対応ネットワークカメラ

パナソニック コミュニケーションズは、SDメモリカードスロットを装備するIPv6対応ネットワークカメラ計3モデルを発売する。屋内/屋外モデル、および130万画素モデルを用意する。

[ITmedia]
photo BB-HCM515

 パナソニック コミュニケーションズは2月14日、SDメモリカードスロットを装備するIPv6対応ネットワークカメラ計3モデル「BB-HCM511」「BB-HCM531」「BB-HCM515」を発表、2月20日より順次発売する。価格は、BB-HCM511が7万3290円、BB-HCM531/BB-HCM515が9万4290円(いずれも税込み)。

 BB-HCM511およびBB-HCM531およびBB-HCM515は、いずれも有線LAN接続タイプのIPv6対応ネットワークカメラで、携帯電話専用の「みえますねっとLite」サービスに対応しており、携帯電話を用いた画像閲覧を簡単に行なうことができる。また本体内にSDメモリカードを装着可能で、MPEG-4動画およびJPEG画像などを直接保存することが可能となっている。

 3モデルはそれぞれ製品仕様が異なり、BB-HCM511とBB-HCM515が屋内用モデル、BB-HCM531が屋外対応モデルとなる。また、解像度はBB-HCM511とBB-HCM531が30万画素、BB-HCM515が130万画素撮影をサポートする。本体サイズはいずれも100(幅)×74(奥行き)×100(高さ)ミリ(本体のみ、突起部除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう