ニュース
» 2007年03月06日 12時55分 公開

日本HP、「HP Pavilion」シリーズにデスクトップ/ノートPC計5製品を追加

日本ヒューレット・パッカードは、個人向けPC「HP Pavilion」シリーズにデスクトップPC4製品およびノートPC1製品の計5製品を追加した。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは3月6日、個人向けPC「HP Pavilion」シリーズにデスクトップPC4製品「HP Pavilion Desktop PC s3040jp/CT」「同 v7080jp/CT」「同 s3020jp/CT」「同 v7060jp/CT」およびノートPC1製品「HP Pavilion Notebook PC dv6205/CT」の計5製品を追加、発売を開始した。いずれもCTOカスタマイズに対応、価格はs3040jp/CTが6万9300円から、v7080jp/CTが7万9800円から、s3020jp/CTが6万9300円から、v7060jp/CTが7万4550円から、dv6205/CTが7万7700円から(いずれも税込み)。

photophotophoto HP Pavilion Desktop PC s3000シリーズ(左)、同 7000シリーズ(中)、dv6205/CT(右)

 HP Pavilion Desktop PC s3040jp/CT、同 v7080jp/CT、同 s3020jp/CT、および同 v7060jp/CTは、いずれもCTOカスタマイズに対応する個人向けデスクトップPCで、s3040jp/CTおよびv7080jp/CTはインテル製CPU搭載モデル、s3020jp/CTおよびv7060jp/CTはAMD製CPU搭載モデルとなる。

 s3040jp/CTおよびs3020jp/CTは、光沢ブラック仕様のコンパクト筐体を採用するデスクトップPCで、本体サイズは107(幅)×340(奥行き)×276(高さ)ミリ。省スペースモデルながらメモリは最大2Gバイト、HDDは最大500Gバイトを装備可能なほか、同社製の着脱式120GバイトポータブルHDD「HPポケット・メディア・ドライブ」もオプションにより選択できる。

 v7080jp/CTおよびv7060jp/CTは、スリム筐体採用の高拡張デスクトップPC。最大4Gバイトのメモリと500GバイトのHDDを搭載可能で、拡張スロットとしてPCI Express x16×1基を含む計4スロットを利用可能。グラフィックスカードはGeForce 7600 GSおよび7500 LEを搭載することができる。

 HP Pavilion Notebook PC dv6205/CTは、AMD製CPUの搭載に対応する15.4インチワイド液晶搭載のノートPCで、天板部には波紋パターンをプリントした「ZEN」デザインを採用。メモリは512Mバイト〜2Gバイト、HDDは80Gバイト〜160Gバイトを選択できるほか、オプションによりWebカメラの搭載などにも対応している。


 また日本ヒューレット・パッカードは、3月7日より新製品を含む個人向けPCの常設展示スペース「HP Directplus Station」を東京都内のビックカメラ3店舗に開設する。設置店舗は有楽町本店、新宿西口店およびパソコン館池袋本店(有楽町店本店のみ3月9日よりオープン)。デスクトップ/ノートPC製品のほか、PDA「iPAQ」シリーズも常設される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう