ニュース
» 2007年03月07日 16時07分 公開

リコー、16倍速記録対応の2層DVD+Rディスクをサンプル出荷――製品化は夏予定

リコーは、16倍速記録規格に対応した2層DVD+Rディスクを開発、ハードウェアメーカー向けのサンプル出荷を開始した。

[ITmedia]
photo

 リコーは3月7日、16倍速記録規格に対応した2層DVD+Rディスクの開発を発表、本日よりハードウェアメーカー向けサンプル出荷を開始する。

 DVD+R/DVD+RWの品質確認認証機関である「DVD+R/+RW Verification Laboratories Group」により、DVD+R DL 16倍速記録対応メディアとして初の正式認定となる製品。全ての層を1枚の基板の上に積み重ねて製造する“積層方式”とは異なり、基板部を2枚張り合わせて1枚のディスクとする独自の「インバーテッドスタック方式」を採用した。また、スタンパの偏芯や厚み精度を高めるとともに記録材料に新開発の有機色素を用いたことで、低速から高速までの安定した書き込みが可能となっている。

 製品化については、本年夏頃を目標としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう