ニュース
» 2007年03月07日 20時38分 公開

MSIがGeForce 6150LE搭載マザーを発表

エムエスアイコンピュータはGeForce 6150LEとnForce 410を搭載したマザーボード「K9NVG Neo-V」を発表した。3月中に出荷を開始する予定で実売予想価格は1万1000円前後。

[ITmedia]
K9NVG Neo-V

 K9NVG Neo-Vは、ATXフォームファクタを採用したマザーボードでCPUソケットはAMD製CPUが採用しているSocket AM2に対応する。基板に用意されている拡張スロットはPCI Express X16×1、PCI Express X1×1、PCI×3。ストレージ用インタフェースとしてはSeral ATA II(RAID 0、1構築可能)を2ポート用意する。ネットワークインタフェースは100BASE-TXを1ポート搭載する。

 メモリスロットはDDR2 800/667/533に対応するスロットを2基実装。最大メモリ容量は2Gバイトとなる。

 GeForce 6150LEとnForce 410の組み合わせで構成されるチップセットはグラフィックスコアを内蔵する統合型として機能する。組み込まれているグラフィックスコアはGeForce 6200 with TurboCache相当の機能とパフォーマンスを発揮する。

 USB 2.0は10ポート搭載しているがそのうちの6ポートはピンヘッダのみ。サウンドチップとしてRealtekのALC658をオンボードで用意している。なお、IEEE 1394インタフェースは持たない。このほかに用意されている主なインタフェースはシリアル×1、パラレル×1、PS/2×2、FDD×1、Ultra ATA/133×2、VGA×1。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう