ニュース
» 2007年03月15日 17時16分 公開

恵安、業界最高の1200W出力ATX電源「GAIA 1200W」

恵安は、定格出力1200ワットを実現するハイエンドATX電源「GAIA 1200W」を発表した。ATI Physics Graphics Card対応コネクタを標準装備している。

[ITmedia]
photo GAIA 1200W

 恵安はこのほど、定格出力1200ワットを実現するハイエンドATX電源「GAIA 1200W(XP-1200W)」を発表、3月19日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は4万9800円〜52800円前後。

 GAIA 1200Wは、2006年12月に発表されたハイエンドATX電源「GAIA 1100W」の上位モデルとなる製品で、ATX 12V ver 2.2およびSSI-EPS12V ver 2.91に準拠、定格1200ワット/ピーク1400ワット出力を実現する。物理演算用カード「ATI Physics Graphics Card」に対応する電源コネクタを装備しており、トリプルグラフィックスカード構成にも対応。また、PCが起動していない状態でもUSBポートへの電源供給を行なえるUSB Powerケーブルを備えている。

photo

 12Vラインを6系統装備しており、1系統にまとめる「Combine」と6系統を分けて利用する「Split」をスイッチで切り替えられる。また、必要なケーブルを任意に使用できる「EZプラグデザイン」を採用。エアフローを改善できるほか、12Vラインを任意の機器に振り分けられる12Vフリーレイアウト仕様となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう