ニュース
» 2007年03月27日 11時27分 公開

ネットジャパン、Mac OS上でWindowsアプリが動く「CrossOver Mac 6.0」英語版を販売

ネットジャパンは、米CodeWeavers製のMac OS X用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 6.0」英語版の販売を開始した。

[ITmedia]
photo CrossOver Mac 6.0 英語版

 ネットジャパンはこのほど、米CodeWeavers製のMac OS X用互換レイヤーソフト「CrossOver Mac 6.0」英語版の販売を開始した。価格はパッケージ版が1万1550円、ダウンロード版が8400円(双方税込み)。

 CrossOver Mac 6.0は、Mac OS X上でWindows用アプリケーションをネイティブ動作させることが可能となる互換レイヤーソフトで、Intel CPU搭載のMac OS環境下で動作する。Mac OSにWindows互換APIをインストールすることにより、Windows用アプリケーションをネイティブに実行できる。バーチャルマシンを構築する必要がないため、Windows OSを用意する必要がないのも特徴だ。

photo

 CrossOver Macでは、Windowsのシミュレーション環境を“ボトル”と呼称している。それぞれのボトルは独立したWindows環境をシミュレートしているため、Windows 98とWindows XPの環境を同時に動作させることも可能となっている。

 日本語版のリリースは2007年5月予定。英語版を購入したユーザーについては、後日無償アップデートが適用される。対応OSはMacOS X 10.4.4以降。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう