ニュース
» 2007年03月28日 17時35分 公開

バッファロー、ギガビット対応16ポートのレイヤー2スイッチングハブ

バッファローは、1000BASE-T接続に対応する16ポートのレイヤー2スイッチングハブ「LSW2-GT-16NSRR」を発売する。体積重量比約64%の小型化を実現した。

[ITmedia]
photo LSW2-GT-16NSRR

 バッファローは3月27日、1000BASE-T接続に対応する16ポートのレイヤー2スイッチングハブ「LSW2-GT-16NSRR」を発表、5月上旬より発売する。価格は3万4000円。

 LSW2-GT-16NSRRは、全ポートギガビット対応とした16ポートレイヤー2スイッチングハブで、同社従来モデル「LSW-GT-16NSRR」からとの比較で体積比約64%、重量比約80%となる大幅なコンパクト化を実現した。

 付属の取り付け金具により19インチラックへの収納に対応するほか、別売の金具により壁面やデスクにも取り付けられる。本体サイズは266(幅)162(奥行き)×43(高さ)ミリ、重量は約1.7キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう