ファ○コンのカセットが刺さるっぽい中国産の携帯ゲーム機

» 2007年04月14日 12時08分 公開
[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
ノーブランド「FC MOBILE」

 いかにも“MADE IN CHINA”らしい魅力を備えたゲーム機が、今週金曜日からツートップ秋葉原本店で販売されている。ノーブランドの「FC MOBILE」という製品で、2.1インチカラー液晶を内蔵した本体の上部には、某ゲーム機用のカセットが装着できると思われる怪しげなスロットを備える。パッケージには「携帯用FC互換ゲーム機」の文字があるが、FCが何を指すのかは書かれていない。店員さんは「週末に売り切れること必至」とコメント。価格は6980円で、在庫は少数だ。

 FC MOBILEは、単3乾電池3本で稼働し、上部のスロットにカートリッジを装着するタイプのポータブルゲーム機。ビデオケーブルを付属しており、TVに出力してプレイすることも可能だ。標準で「10in1 おまけゲーム」という、これまた怪しげなカートリッジを付属しているが、その形状はある年齢層に対し、まだ世界が驚きに満ちていた頃の無垢な子供時代を思い出させる。

 ただしパッケージには「※この商品は任天堂のライセンス商品ではございません。任天堂へのお問い合わせはご遠慮ください」と明記されている。店員さんは「MADE IN CHINAなので、中国で違法に出回っている“ファ○コン互換機”なのかも。ある意味、非常にリスキーなアイテムといえるでしょう」と、他人事のように語る。

※現在ファミリーコンピュータの非公式互換機自体に違法性はありません。誤解を招くおそれのある店員さんのコメントを一部削除、訂正いたしました。

左側の十字キー、右にABボタンを備える見慣れたインタフェース。“10in1”の内容は……(写真=左)。本体上部のスロット形状は、遠い昔に見た気がしないでもない(写真=中央)。パッケージ裏には先述の注意書きがある(写真=右)

 ポータブル端末「GP2X」を横目で眺めながら、「我々は過去のゲームをやりたいわけではない。ゲーム自体に意味があるわけではない。その“儀式”を通して我々がまだ幸福だった頃の記憶を呼び起こしたいのだ。そしてそれには、“カセット”を刺したときのザクッという手触りこそが、必要不可欠なのである!」などと訳の分からない主張を口走る人には最適のアイテムかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  5. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー