ニュース
» 2007年05月11日 15時36分 公開

日立GST、”世界最速”の高速転送2.5インチHDD「Travelstar 7K200」量産出荷を開始

日立グローバルストレージテクノロジーは、7200回転対応の2.5インチHDD「Travelstar 7K200」の量産出荷を開始した。

[ITmedia]
photo Travelstar 7K200

 日立グローバルストレージテクノロジーは5月11日、7200回転対応の2.5インチHDD「Travelstar 7K200」シリーズの量産出荷開始を発表した。

 Travelstar 7K200シリーズは、Serial ATA(1.5Gbps/3Gbps)接続対応の2.5インチ内蔵用HDDで、同社従来製品比で20%の性能向上となる最大データ転送速度876Mbpsを実現。ラインアップは200Gバイト/160Gバイト/120Gバイト/100Gバイト/80Gバイトの5製品を用意している。キャッシュ容量はいずれも16Mバイト。

 消費電力は5400回転HDDと同等程度に抑えられているほか、オプションにより、データを暗号化して保存する“Bulk Data Encryption”の利用可能となっている。動作時での耐衝撃耐性は350G。

 また、連続稼動向けとなるモデル「Travelstar E7K200」シリーズもあわせて用意した。ラインアップは200Gバイト/160Gバイト/120Gバイトの3製品で、接続インタフェースはSerial ATA 3Gb/sに対応。そのほかのスペックはTravelstar 7K200シリーズにほぼ準じている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう