ニュース
» 2007年05月14日 11時13分 公開

デル、19インチワイドモデルなど液晶ディスプレイ2製品を発表

デルは、光沢仕様の19インチ液晶ディスプレイ「SP1908FP」およびエントリークラスの19インチワイド液晶モデル「SE198WFP」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo SP1908FP

 デルは5月14日、光沢仕様の19インチ液晶ディスプレイ「SP1908FP」およびエントリークラスの19インチワイド液晶モデル「SE198WFP」の2製品を発表した。発売開始時期はSP1908FPが5月15日から、SE198WFPが6月中旬。価格はSP1908FPが3万3000円、SE198WFPが2万7000円(双方税込み)。

 SP1908FPは、同社製液晶ディスプレイとして初となる光沢パネルを採用した1280×1024ドット(SXGA)表示対応19インチ液晶ディスプレイで、ノートPC製品で採用しているTrueLifeパネルを使用。表示スペックは、輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比800:1、応答速度5ms、上下/左右視野角160度となっている。インタフェースはアナログD-Sub×1、DVI(HDCP対応)×1、およびUSBハブ機能を装備した。

photo SE198WFP

 SE198WFPは、1440×900ドット(WXGA+)表示をサポートするエントリークラスの19インチワイド液晶ディスプレイで、表示スペックは輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1、応答速度5ms、上下/左右視野角160度。インタフェースはアナログD-Sub×1、DVI(HDCP対応)×1の2系統を利用可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう