ニュース
» 2007年05月23日 11時31分 公開

NEC、理論値300Mbpsの“デュアルチャネル”対応ドラフト11n無線LANルータ「AtermWR8400N」

日本電気は、5月開放予定となっているデュアルチャネル通信に対応するIEEE802.11n Draft 2.0無線LANルータ「AtermWR8400N」を発表した。

[ITmedia]

日本電気は5月23日、法令改正が検討中となっているデュアルチャネル無線LAN通信に対応するIEEE802.11n Draft 2.0無線LANルータ「AtermWR8400N」を発表した。ラインアップは無線LANルータ単体モデルの「AtermWR8400N」、無線LANカード「AtermWL300NC」、およびLANルータ/無線LANカードのセットモデル「AtermWR8400N/NC」の3製品を用意。出荷時期は関係法令改正後の予定で、価格はいずれもオープン、同社直販「NEC Direct」販売想定価格はAtermWR8400Nが2万2000円、AtermWL300NCが1万2800円、AtermWR8400N/NCが2万9800円(いずれも税込み)。

photophotophoto AtermWR8400N(左)、AtermWL300NC(中)、AtermWR8400N/NC(右)  MIMOによる多重送受信をサポートしており、送信時×3(AtermWL300NCは×2)、受信時×3のアンテナを使用する

 AtermWR8400Nは、省令改正が予定されているデュアルチャネル無線LAN通信に対応する無線LANルータで、従来比で約2倍の無線帯域幅を用いることにより理論値で最大300Mbpsの転送速度を実現する予定だ。また、5GHz帯と2.4GHz帯の切り替えに対応しており、IEEE802.11a/nの同時利用、ないしIEEE802.11b/g/nの同時利用を切り替えることができる。

 5GHz帯と2.4GHz帯をサーチして電波状態の良いチャネルを自動セレクトする「オートチャネルセレクト機能」を装備。無線LAN設定機能として、同社製の「らくらく無線スタート」「らくらくネットスタート」を利用可能となっている。

 有線LAN部は10/100BASE-TXポート4基を利用可能。本体サイズは約41(幅)×197(奥行き)×174(高さ)ミリ、重量は約0.42キロ(ACアダプタ除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう