ニュース
» 2007年06月14日 18時43分 公開

日本AMD、Radeon HD 2400/2600の量産出荷を開始

日本AMDは、最新GPUとなるRadeon HD 2400/2600の量産出荷開始を発表した。同GPU搭載製品は各ベンダから数週間以内に発売予定としている。

[ITmedia]

 日本AMDは6月13日、最新GPUとなるRadeon HD 2400/2600の量産出荷開始を発表した。

 Radeon HD 2400/2600は、DirectX 10対応となるAMD(ATI)製の最新GPUシリーズで、ビデオデコード処理をGPU側で実行できる「UVD(Unified Video Decoder)テクノロジ」を搭載しているのが特徴となる。なお、上位モデルのRadeon HD 2900については、最速クラスのCPUを搭載した高性能PC環境下を前提とした「ハイエンド製品には必須の機能ではない」という理由にてUVDの採用が見送られている。

 AMDでは、数週間以内にはASUS/Club 3D/Diamond Multimedia/GeCube/Gigabyte/HIS/MSI/Palit/PowerColor/Sapphire/VisionTekなど各ベンダよりRadeon HD 2400/2600搭載グラフィックスカード製品が発売される予定としている。


 PowerColorは、Radeon HD 2600 XT/同 PRO搭載モデル計4製品、Radeon HD 2400 XT/同 PRO搭載モデル計3製品を発表した。Radeon HD 2600 XT搭載の上位モデル「PowerColor HD 2600 XT 256MB GDDR4」は、メモリとしてGDDR4メモリを256Mバイト装備する。

 Info-Tek(GeCube)は、Radeon HD 2600 XT搭載製品「GC-RX26XTG4-D3」を発表した。搭載メモリはGDDR4 256Mバイトで、冷却装置に2スロット幅を占有する大型ファン「X-Turbo2」を装備している。

 SAPPHIRE Technologyは、Radeon HD 2600 XT/同 PRO搭載モデル4製品、Radeon HD 2400 XT/同 PRO搭載モデル2製品の計4製品を発表。最上位モデル「SAPPHIRE HD 2600 XT ULTIMATE」はファンレスヒートシンク搭載モデルとなっている。

photophotophoto PowerColor「PowerColor HD 2600 XT 256MB GDDR4」(左)、GeCube「GC-RX26XTG4-D3」(中)、SAPPHIRE「SAPPHIRE HD 2600 XT」(右)

関連キーワード

ATI | グラフィックスカード | Radeon


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう