ニュース
» 2007年06月28日 13時22分 公開

CFカードをシリコンディスク化できるインタフェースボード3製品を発売――玄人志向

玄人志向は、CFカードをIDE/Serial ATA接続化可能な変換ボード計3製品を発表した。

[ITmedia]

 玄人志向は6月28日、CFカードをIDE/Serial ATA接続に変換するボード「KRHK-CF」シリーズ計3製品「KRHK-CFIDE」「KRHK-CF2.5IDE」「KRHK-CF2.5SATA」を発表、7月上旬より発売する。なお、3製品とも玄人向けの「キワモノ」シリーズからの発売となっている。

photophotophoto KRHK-CFIDE(左)、KRHK-CF2.5IDE(中)、KRHK-CF2.5SATA(右)

 KRHK-CFシリーズは、いずれもHDDの代替としてコンパクトフラッシュを利用可能とする変換ボードで、CF Type I/IIおよびマイクロドライブを利用可能。接続インタフェースは、KRHK-CFIDEがIDE(40ピン)、KRHK-CF2.5IDEが2.5インチIDE(44ピン)、KRHK-CF2.5SATAがSerial ATAとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう