ニュース
» 2007年06月29日 12時01分 公開

バッファロー、実効153Mbpsの高速転送を実現した11n対応無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」

バッファローは、Draft IEEE802.11nおよびIEEE802.11a/g/b同時接続に対応する無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」を発表した。

[ITmedia]

 バッファローは6月29日、Draft IEEE802.11nおよびIEEE802.11a/g/bに対応する無線LANルータ「WZR-AMPG300NH」およびCardBus型無線LANカード「WLI-CB-AMG300N」を発表、7月上旬より発売する。価格はWZR-AMPG300NHが3万1700円、WLI-CB-AMG300Nが1万1500円。WZR-AMPG300NHとWLI-CB-AMG300Nのセットモデル「WZR-AMPG300NH/P」が4万200円。

photophotophoto WZR-AMPG300NH(左)、WLI-CB-AMG300N(中)、WZR-AMPG300NH/P(右)

 WZR-AMPG300NHは、通信帯域を2つ利用可能とする電波法改正に対応した無線LANアダプタで、40MHz帯域幅の利用により最大無線LAN実効スループット153Mbpsを実現した。Draft IEEE802.11nをサポートするほか、IEEE802.11a/g/bの同時接続も可能となっている。

 無線LAN設定機能は、同社独自の「AOSS」に加え「WPS」もサポートした。セキュリティ機能面では、暗号化機能としてWPA2を利用可能で、ストリーミング映像などをストレスなく再生できるWMM(Wi-Fi multimedia)機能/有線QoS機能なども装備している。

「WZR-AMPG300NH」
「WLI-CB-AMG300N」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう