ニュース
» 2007年07月02日 12時13分 公開

棋譜を自動記録できるUSBチェスボード発売――ビサビ

ミヤビックスは、USB接続タイプのチェスボード「USB ロールアップチェスゲーム」を発表した。ボード上で実際に駒を動かして対局すると、自動的にPC側で棋譜が作成される。

[ITmedia]
photo USB ロールアップチェスゲーム

 Webショップ「ビサビ」を経営するミヤビックスはこのほど、 DREAM CHEEKY製のUSBガジェット2製品「USB ロールアップチェスゲーム」「USB ロールアップドラムキット」の取り扱いを開始した。価格はUSB ロールアップチェスゲームが5670円、USB ロールアップドラムキットが5880円(税込み)。

photo USB ロールアップドラムキット  チェスゲームと同様にパッド部はラバー製となっている

 USB ロールアップチェスゲームは、USB接続に対応するチェスボードで、PCに接続した状態で駒を並べて対局を行うことで、自動的にPC側で棋譜が作成されていくというユニークなアイテム。棋譜作成だけでなく、次の手に悩んだときの「ヒント」機能やCPUとの対戦機能も装備する(CPU対戦時はPCの画面の指示に従って自分で駒を動かすことになる)。盤面は薄型のラバー製で折りたたみが可能だ。対応OSはWindows XP。

 USB ロールアップドラムキットは、薄型タイプの小型ドラムパッドで、付属ソフトとの連動によりドラムセットの演奏を気軽に楽しめる。専用ソフトはテンポの切り替えやリズム変更などを行えるほか、録音/再生機能やメール送付機能なども利用できる。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

関連キーワード

ガジェット | Windows


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう