ニュース
» 2007年07月03日 13時30分 公開

アップル、Mac OS X 10.4.10のノイズ問題を解消

アップルがソフトウェア・アップデートを通じてMac OS X 10.4.10用のオーディオアップデートを公開した。

[ITmedia]

Mac OS X 10.4.10導入後のポップノイズ問題を解決

ソフトウェア・アップデートの画面

 米Appleが公開した「オーディオアップデート 2007-001」は、最新アップデートのMac OS X 10.4.10を導入後、インテル製CPUベースのMacの外部スピーカからポップノイズが聞こえる問題を解消したもの。本アップデータのインストール後はシステムの再起動が必要だ。同社では「Mac OS X 10.4.10が動作しているIntel プロセッサ搭載Macをお使いのすべてのユーザに、このアップデートを適用することをお勧めします」としている。

 なお、本プログラムはMac OS Xのソフトウェア・アップデートから更新可能だが、日本語の詳細ページはまだ公開されていない(米国のWebサイトはこちら)。

関連キーワード

Apple | オーディオ | Boot Camp | iPhone | Mac OS X


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう