ニュース
» 2007年07月03日 14時12分 公開

エレコム、ドライバインストール不要のWebカメラ2モデル

エレコムは、ドライバのインストール作業を不要とするUVC(USBビデオクラス)対応の30万画素/130万画素Webカメラ計2モデルを発表した。

[ITmedia]
photo UCAM-DLQ30Hシリーズ(左)、UCAM-DLM130H(右)

 エレコムは7月3日、ドライバインストール作業なしで利用可能な30万画素/130万画素Webカメラ計2モデル「UCAM-DLQ30H」「UCAM-DLM130H」を発表、7月中旬より発売する。双方4カラーバリエーションを用意、価格はUCAM-DLQ30Hシリーズが5040円、UCAM-DLM130Hシリーズが7560円(ともに税込み)。

 UCAM-DLQ30HおよびUCAM-DLM130Hシリーズは、ともにWindows VistaおよびWindows XP(SP2)にて採用されている「UVC(USBビデオクラス)」に対応するUSB 2.0接続のWebカメラで、OSの標準ドライバのみで動作可能となっているのが特徴だ。またMac OS X環境下でも専用ドライバをインストールすることなく利用することができる。

 UCAM-DLQ30Hは30万画素CMOSセンサー搭載のエントリーモデル。UCAM-DLM130Hは130万画素CMOSセンサー搭載モデルで、プレイステーション 3でも利用可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう