ニュース
» 2007年07月18日 12時38分 公開

Cinema HD Displayでも使えるMac用DVI切り替え器発売――ラトック

ラトックシステムは、Macintosh専用モデルとなるDVI対応のPC切り替え器「REX-220CUDP」を発売する。WUXGA解像度にも対応する。

[ITmedia]
photo REX-220CUDP

 ラトックシステムはこのほど、Macintosh専用モデルとなるDVI対応のPC切り替え器「REX-220CUDP」を発表、7月下旬より出荷する。価格は1万5800円。

 REX-220CUDPは、2台のMacintosh切り替えに対応する切り替え器で、USBマウス/USBキーボードおよびDVI出力の切り替えに対応。1920×1200ドット(WUXGA)の高解像度に対応しており、専用基板の実装によりノイズや波形ゆがみのない映像品質を実現している。

 ケーブル一体型のコンパクト設計で、切り替え動作は本体の切り替えボタンのほか、同梱ユーリティティをインストールすることでキーボードからのホットキー切り替えにも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう