ニュース
» 2007年07月18日 15時42分 公開

コレガ、NASキット「CG-NSC4500GT」のHDD搭載モデルを発売

コレガは、同社製NASキット「CG-NSC4500GT」にSeagate製HDDを搭載したモデル「HDD Bank TERA」計4製品を発売する。

[ITmedia]
photo HDD Bank TERAシリーズ

 コレガは7月18日、同社製NASキットにSeagate製HDDを搭載したモデル「HDD Bank TERA」シリーズを発表、同社直販「corega ダイレクトショッピング」にて7月20日より発売する。

 HDD Bank TERAシリーズは、7月17日に発表された同社製NASキット「CG-NSC4500GT」に、Seagate製のエンタープライズ向け大容量HDD「Barracuda ES」を搭載したモデル。ラインアップは、1Tバイト搭載の「CG-NSC4500GT-1.0T」、1.6Tバイト搭載の「CG-NSC4500GT-1.6T」、2Tバイト搭載の「CG-NSC4500GT-2.0T」、3Tバイト搭載の「CG-NSC4500GT-3.0T」の4モデルを用意している。価格はいずれもオープン。また発売記念として、1Tバイト/2Tバイトモデルの2製品を、各30台限定でキャンペーン価格にて提供する。

製品名容量価格直販通常価格(税込み)キャンペーン価格(税込み)
CG-NSC4500GT-1.0T1Tバイトオープン10万9800円9万8000円
CG-NSC4500GT-1.6T1.6Tバイト13万9800円
CG-NSC4500GT-2.0T2Tバイト16万9800円14万8000円
CG-NSC4500GT-3.0T3Tバイト22万9800円

関連キーワード

ハードディスク | NAS | RAID


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう