ニュース
» 2007年07月25日 14時00分 公開

ケータイ風折りたたみデザインの1.8インチモバイルHDD「HD32F」――飛鳥

飛鳥は、1.8インチHDDを内蔵するコンパクト外付けHDD「HD32F」を発表した。USB外付けのほか、筐体を開くことでCardBus接続も可能となっている。

[ITmedia]
photo HD32F

 飛鳥は7月25日、1.8インチHDDを内蔵するコンパクト外付けHDD「HD32F」を発表、本日より同社直販にて発売を開始する(店頭販売は8月以降の予定)。同社直販「飛鳥ダイレクトショップ」価格は20Gバイトモデルが1万4700円、40Gバイトモデルが2万7825円(双方税込み)。

 HD32Fは、ケータイのような縦長の折りたたみデザイン筐体を採用する外付けモバイルHDDで、USBケーブルを用いたUSB 2.0接続のほか、本体を開くことでCardBusスロットへの直付けが可能。CardBus接続時には32ビット高速バスマスタ転送に対応しており、より高速なアクセスが可能となる。

photophotophoto 本体を開いた状態(写真=左)、CardBus接続時イメージ(写真=中央)、クリアパネル装着時の様子(写真=右)

 ケース外部は、交換可能な3種類(ホワイト/ブラック/クリア)のフロントベゼルによる着せ替えが可能。クリアパネル装着時には、プリントしたシートをはさむことでオリジナルデザインを楽しむこともできる。

 本体サイズは116(幅)×57(奥行き)×18(高さ)ミリ(突起部含まず)、重量は約120グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP/Vista、Mac OS X 10.1以降(CardBus接続はWindowsのみ対応)。

関連キーワード

飛鳥 | デザイン | Mac OS X | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう