ニュース
» 2007年09月06日 15時00分 公開

“赤い”最速フラッシュメモリ――サンディスク「Extreme ドゥカティエディション」

サンディスクが、真っ赤なDucatiカラーを施した高速フラッシュメモリシリーズ新製品「Extreme ドゥカティエディション シリーズ」を発表。CFは最高転送速度45Mバイト/秒という同社最速仕様。

[西坂真人,ITmedia]

 サンディスクは9月6日、高速フラッシュメモリExtremeシリーズ新製品「Extreme ドゥカティエディション シリーズ」を発表した。コンパクトフラッシュ(4Gバイト/8Gバイト)、SDプラスカード(4Gバイト)、USBフラッシュドライブ(4Gバイト)の3種類4モデルで、すべて10月上旬から販売を開始する。価格はオープン。市場想定価格は以下の通り。

製品名 容量 市場想定価格 国内販売時期
コンパクトフラッシュ 4Gバイト 2万5000円前後 10月上旬
コンパクトフラッシュ 8Gバイト 4万3000円前後 10月上旬
SDプラスカード 4Gバイト 1万7000円前後 10月上旬
USBフラッシュドライブ 4Gバイト 1万8000円前後 10月上旬
photo 「Extreme ドゥカティエディション シリーズ」

 「Extreme ドゥカティエディション シリーズ」は、コンパクトフラッシュが最高転送速度45Mバイト/秒、SDプラスカードとUSBフラッシュドライブが最高転送速度20Mバイト/秒という高速読み取り/書き込みスピードを誇るフラッシュメモリ製品。すでに米国では7月に発表し、8月から発売されている。

 イタリアの名門ドゥカティモーターサイクルのレーシング部門ドゥカティコルセとサンディスクとのスポンサーシップ及びマーケティング協力関係により実現。コラボレーションの象徴として、真っ赤なドゥカティカラーを製品に施している。

photophoto コンパクトフラッシュ(左)とSDプラスカード(右)

 Extreme ドゥカティエディション コンパクトフラッシュは、最高転送速度45Mバイト/秒と同社のハイエンドモデルExtreme IVシリーズ(40Mバイト/秒)よりも5Mバイト/秒も高速化されている。使用温度範囲は−25度〜85度と非常に広く、「極限の環境と温度にも耐えるよう設計」(同社)されている。

 Extreme ドゥカティエディション SDプラスカードは、USB端子を本体内部に内蔵した同社独自機構「スナップ・オープン」タイプのUSB 2.0対応SDメモリーカード。カードを2つ折りにするとUSB端子が出現、直接USBポートに挿入できるためカードリーダーなどを介さずにデータの転送が行える。使用温度範囲もコンパクトフラッシュと同じく−25度〜85度という極限環境仕様。

photophotophoto USB端子を本体内部に内蔵した同社独自機構「スナップ・オープン」タイプ

 USBフラッシュドライブは、DucatiのモトGPモデル「デスモセディチ」の燃料タンクを思わせる流麗なデザインが特徴。上部にはDucati Corseエンブレムのタンクキャップをあしらい、ずっしりくるメタル製のボディでスペシャル感を演出している。ネックストラップを付属するほか、ユーザーが誤って削除してしまったデータの回復が可能なリカバリーソフト「サンディスク RescuePRO Deluxe」も同梱。

photophoto
photo
photophoto

 発表会に駆けつけたSandisk会長兼CEOのエリ・ハラリ氏は、ドゥカティとの提携理由について「シナジー効果が高く、両ブランドにとってメリットが大きい」とアピール。またドゥカティジャパン社長のファブリッツィオ・カッツォーリ氏も「両ブランドともに、パフォーマンス好き、イノベーションを追求、勝ちたいという思いなど、共通の部分が多い」と語った。

photophoto Sandisk会長兼CEOのエリ・ハラリ氏(左)とドゥカティジャパン社長のファブリッツィオ・カッツォーリ氏(右)
photo 日本限定製品のUSBフラッシュドライブ「クルーザーカラーズ プラス」も同時発表。イメージキャラクターに採用された後藤真希さんも発表会にかけつけた。こちらの製品の詳細は別記事にて掲載

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう