ニュース
» 2007年09月18日 12時21分 公開

ファーストフードUSBメモリ発売――グリーンハウス

グリーンハウスは、ハンバーガーやホットドッグなどのファーストフード型デザイン筐体を採用するUSBメモリ「ファーストフードUSBフラッシュメモリ」シリーズ4製品を発表した。

[ITmedia]
photo ハンバーガーモデルの「GH-UFD1GF-HB」

 グリーンハウスは9月18日、ハンバーガーやホットドッグなどのファーストフード型デザイン筐体を採用するUSBメモリ「ファーストフードUSBフラッシュメモリ」シリーズ4製品を発表、9月下旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は3680円。

 ファーストフードUSBフラッシュメモリは、容量1GバイトのUSBメモリで、各種ファーストフードをモチーフにしたデザイン筐体を採用。ラインアップはハンバーガー/ホットドッグ/ピザ/サンドイッチの4種類を用意している。本体サイズは51〜59(幅)×31〜35(奥行き)×12〜28.5(高さ)ミリ、重量は15〜40グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP2以降)/Vista(32ビット版)、Mac OS 9/X 10.1.3以降。

photophotophoto サンドイッチモデルの「GH-UFD1GF-SW」、ピザモデルの「GH-UFD1GF-PZ」、ホットドッグモデルの「GH-UFD1GF-HD」

 また、同社提供のノベルティ向けのネーム入れサービスにも対応。容量のカスタマイズ(128Mバイト〜4Gバイト)が可能となっている。受注個数は50個より。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう