ニュース
» 2007年09月25日 12時42分 公開

アロシステム、Windows Home Server搭載のキューブPC「Librage CU503S-WHS」

アロシステムは、OSとしてWindows Home Serverを搭載したキューブ筐体採用のコンパクトデスクトップPC「Librage CU503S-WHS」を発売する。

[ITmedia]
photo Librage CU503S-WHS

 PCショップ「パソコン工房」を経営するアロシステムはこのほど、OSとしてWindows Home Serverを搭載したキューブ筐体採用のコンパクトデスクトップPC「Librage CU503S-WHS」の発売を開始した。BTOカスタマイズに対応、OS付きでの最小構成価格は8万9980円(税込み)。

 Librage CU503S-WHSは、リビングでのホームサーバ向け用途を想定したキューブ型デスクトップPCで、OSとしてWindows Home Server(英語版)をプリインストール。CPUは低消費電力タイプのSempron LE-1150(2GHz)を装備、メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは500Gバイトを搭載。ネットワークはギガビット対応LAN接続に対応している。

 初回購入特典として、320GバイトHDDが増設されるキャンペーンも実施される(予告なく終了の場合あり)。本体サイズは263(幅)×393(奥行き)×210(高さ)ミリ。

関連キーワード

Windows | ハードディスク | サーバ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう