ニュース
» 2007年09月26日 12時51分 公開

アイ・オー、ハードウェア自動暗号化機能付きのUSBメモリ「EasyDisk Encryption」

アイ・オー・データ機器は、ハードウェアレベルでのパスワードロック機能を備えるUSBメモリ「EasyDisk Encryption」シリーズ4製品を発売する。

[ITmedia]
photo EasyDisk Encryption

 アイ・オー・データ機器は9月26日、ハードウェアレベルでのパスワードロック機能を備えるUSBメモリ「EasyDisk Encryption」シリーズを発表、10月中旬より発売する。価格は512Mバイトモデルが7000円、1Gバイトモデルが1万3000円、2Gバイトモデルが2万3000円、4Gバイトモデルが3万3000円。

 EasyDisk Encryptionは、ハードウェアでのAES 128ビット自動暗号化機能を備えるUSBメモリ。パスワードロック機能「EncGate」によりパスワード入力なしのアクセスを制限しているほか、パスワードを連続100回間違えるとロックがかかり使用不可となるなど、紛失時のリスクを軽減する仕様となっている。本体サイズは約18(幅)×72.8(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は約13グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4)/XP/Vista。


photo TB-BH2 ブルーモデル

 またアイ・オー・データ機器は、アルミ筐体採用のUSBメモリ「ToteBag」の新モデル「TB-BH2」シリーズを発表、10月中旬より出荷する。価格はいずれもオープン。

 TB-BH2は、高速転送に対応したUSBメモリで、Windows VistaのReadyBoost機能にも対応するモデル。筐体は耐久性に優れるアルミボディを採用した。1Gバイト/2Gバイト/4Gバイト/8Gバイトの4モデルを用意、いずれもブルー/レッド/ブラックの3カラーバリエーションを取り揃えている。

 本体サイズは約16.5(幅)×70.8(奥行き)×9.2(高さ)ミリ、重量は約12グラム。対応OSはWindows Me/2000 Professional/XP/Vista、Mac OS X 10.4〜10.4.10。

関連キーワード

USBメモリ | パスワード | Windows Vista | 暗号化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう