ニュース
» 2007年09月28日 22時00分 公開

「Windows Home Server」の深夜販売に、人は集まるのか?古田雄介のアキバPickUP!(3/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

猛暑を賑わせた大型CPUクーラーが超低価格で手に入る! ただし質問不可!

フェイス秋葉原本店で見かけたシングルコアCPU Duronのジャンク品

 今週末のアキバを訪れると、思わぬお宝に出会えるかもしれない。PCパーツショップに並んだ1000円以下の魅力的なジャンク品を紹介しよう。

 まずはフェイス秋葉原本店で見つけた、動作未チェックのDuron 850MHz。外見から判断すると、未使用の可能性が高く、コレクターズアイテムとしても価値が見出せそうだ。価格は500円で、在庫は少数。なお、AMD製のCPUケースも300円で売られていた。ともにジャンク品のため、自己責任で買い求めよう。

 また、T-ZONE.PC DIY SHOPの3階では、デモ展示などに使ったCPUクーラーやチップセットクーラーなどが大量にジャンク品として放出される。ダンボールいっぱいにつまったアイテムを見ると、クーラーマスターの球根型CPUクーラー「Mars」やザルマンの円形CPUクーラー「CNPS7」シリーズなどがゴロゴロ見つかる。動作保証外で質問もいっさい不可なジャンク品ながら、「分かる人には非常にお得なアイテムばかりですよ。なるべくお早めにどうぞ」(T-ZONE.PC DIY SHOP)とのこと。

T-ZONE.PC DIY SHOPに置かれるジャンク品ボックス。「半年の一度の大ジャンク市です」(同ショップ)という(写真=左/中央)。同じくT-ZONE.PC DIY SHOPには、店員さんがサイズ「カマクロス」を改造した「モンスター・カマクロス」が展示されている。ジャンク品を集めて独自の改造CPUクーラーを作るのもいいかも(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.