ニュース
» 2007年10月16日 14時11分 公開

赤モデルにツノ……はつきません:AOpen、某ロボ風デザイン採用のキューブケース「G326」

エーオープンジャパンは、ロボットをイメージしたとするデザイン筐体を採用するキューブ型PCケース「G326」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 エーオープンジャパンはこのほど、ロボット風デザイン筐体を採用するキューブ型PCケース「G326」シリーズを発表、11月上旬より出荷する。シルバー/レッド/ブラックの3モデルを用意、価格はオープン。

photophotophoto G326シリーズ  ケース前面左右の、インテーク風の出っ張りがそこはかとなくガ○ダム風味

 G326シリーズは、microATXマザーボードの搭載に対応するキューブ型PCケースで、“ロボットをイメージした”とする特徴的なフロントデザインを採用した。電源ユニットを本体背面外側に配置する“外掛けデザイン”が用いられており、12センチ角ファン内蔵のATX電源を利用可能となっている。

 利用可能なドライブベイ数は5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドー×2。フロント入出力はUSB 2.0×2、IEEE1394×1、音声入出力が利用できる。本体サイズは297(幅)×405(奥行き)×260(高さ)ミリ、重量は4.5キロ。

関連キーワード

デザイン | マザーボード


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう