ニュース
» 2007年10月16日 14時37分 公開

ジャストシステム、Linux向けの「ATOK X3 for Linux」発売――ATOK 2007相当機能を装備

ジャストシステムは、Linux向けの日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」を発表した。Windows版と同様の操作性を実現しているのが特徴となる。

[ITmedia]
photo ATOK X3 for Linux

 ジャストシステムは10月16日、Linux向けの日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」を発表、11月30日より発売する。価格はパッケージ版が1万2000円、法人向けライセンスが8000円/1ライセンス。

 ATOK X3 for Linuxは、同社製日本語入力システム「ATOK 2007」の変換エンジンを搭載するLinux向けの日本語入力システムで、Windows/Mac版と同様の変換エンジン「ATOKハイブリッドコア」を装備した。また、Linux版のATOKとしては初となる「電子辞典検索」機能も利用可能となり、入力変換を行いながらの情報確認を行える。

 対応OSはLinux(kernel 2.6.9以上/glibc 2.3.4以上/X.org 6.8.2以上/GTK+2 2.4.13以上)。対応ディストリビューションはRed Hat Enterprise Linux 4.5 WS/Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop/Turbolinux FUJI/SUSE Linux Enterprise Desktop 10となっている。

関連キーワード

Linux | ATOK | ジャストシステム | Red Hat | 辞書 | Turbolinux


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう