ニュース
» 2007年11月05日 15時36分 公開

デル、Core 2 Quad搭載対応のミドルレンジデスクトップPC「XPS 420」

デルは、個人向けプレミアムブランド「XPS」シリーズのミドルレンジ向けデスクトップPC新モデル「XPS 420」を発表した。

[ITmedia]
photo XPS 420

 デルは11月5日、ミドルタワーデスクトップPC「XPS 420」を発表、11月6日より発売する。BTOカスタマイズに対応、19インチ液晶ディスプレイ込みのベーシック構成価格は14万9000円から(税込み)。

 XPS 420は、個人向けプレミアムブランド「XPS」シリーズのミドルレンジ向けモデルで、CPUとしてCore 2 DuoおよびCore 2 Quad Q6600の搭載に対応。グラフィックスカードとしてGeForce 8800 GTXが選択できるほか、物理演算カード「PhysX」も利用できるなどゲーミング用途向けのカスタマイズを行うこともできる。

 前面パネル上部には、320×240ドット表示対応のLCDパネル「ミニ・ビュー」を搭載。Media ControlボタンによりOSを起動しない状態での映像/音楽再生が可能なほか、Windows Vistaのガジェット表示やオーディオ/DVDのリスト表示、画像のプレビューなどを行うことができる。また、本体上部には携帯電話やPDAなどの充電を行える「チャージステーション」を配置するなど、利便性を考慮したユニークな筐体デザインを採用した。

 ベーシック構成時の仕様は、CPUがCore 2 Duo E6750、メモリがDDR2 1Gバイト、HDDがSerial ATA 250Gバイト、光学ドライブが2層対応DVD±RWドライブを装備。OSはWindows Vista Home Premiumで、ソフトウェアとして「Photoshop Elements 6.0」「Premiere Elements 4.0」「Soudbooth CS3」をセットにした専用パッケージ「Adobe Elements Studio」が同梱されている。

関連キーワード

Dell | Core 2 Duo | Core 2 Quad


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう