ニュース
» 2007年10月04日 17時32分 公開

あの“モンスター”が上陸:最強のSLI対応ゲーミングノートPCで3GHzを突破――デル「XPS M1730」

Core 2 Extremeのオーバークロックが可能で、GeForce 8700M GTのSLIに対応、そしてBTOにはPhsyX物理演算カードやRAID構成が可能なSSDを用意する。価格も超弩級です。

[後藤治,ITmedia]

 デルは10月4日、ゲーミングノートPC「XPS」シリーズの最新機種「XPS M1730」を発表、同日より販売を開始した。同社オンライン・ストアでの価格は26万2500円(税込み)から。

 同日行われた発表会では、デル クライアント製品マーケティング本部プロダクトマネージャー 佐々木邦彦氏がXPS M1730の製品概要を説明。「所有する喜びや最高の体験をユーザーに提供する」というXPSシリーズのコンセプトについて触れ、XPS M1730を「現時点で最高のノートブックPC」「デスクトップPCを凌駕するスペック」と表現して、その性能に自信を見せた。

クライアント製品マーケティング本部プロダクトマネージャー 佐々木邦彦氏(写真=左)。DirectX 10に対応したGeForce 8000系でSLI構成を採用したノートPCは業界初(写真=右)。また、BTOでAGEIA製の物理演算カードを追加できる。ただし、物理演算に対応したゲームタイトルは「米国でいくつかありますが、日本ではまだないのが現状」とのこと(同社)

 実際、「XPS M1710」をさらに進化させたその性能は、“究極のゲーミングノート”と呼ぶにふさわしい。CPUにCore 2 Extreme X7900(2.8GHz)/Core 2 Duo T7700(2.6GHz)/同T7500(2.2GHz)を選択可能なほか、メモリとHDD容量はそれぞれ最大4Gバイト/500Gバイト、そしてグラフィックス機能はGeForce 8700M GT(512Mバイト)のSLI構成に対応する。

NVIDIAの平柳氏がゲストスピーカーとして登壇し(写真=左)、M1730に搭載されるGeForce 8700M GTを「パフォーマンスとして最高のGPUラインアップ」と説明、そのSLI構成によってさらに150%以上の性能を発揮できるとアピールした(写真=中央)。またGeForce 8700M GTの特徴としてPureVideo HDの対応を挙げ、CPUへの負荷も軽減できるとした(写真=右)

BIOSでCPUをオーバークロックできるのも特徴の1つ。展示されていた試作機には2.6GHzのCore 2 Extreme X7800が搭載されていたが(BTOではX7900/2.8GHz)、これを3.2GHzまで引き上げられる(写真=左)。Core 2 Extreme CPU X7800 @2.6GHz 3.20GHzと表示されている……(写真=中央)。Windows エクスペリエンス インデックスの結果はCPUスコアが5.6まであがった。またSLI構成の場合はグラフィックスのスコアが5.9と非常に高い(写真=右)。ちなみに3.2GHz駆動中はファンがすごい勢いで回っていた
XPS M1730の主な仕様。性能を追い求めていくと、軽自動車が買えそうな値段になる

 また、液晶ディスプレイに17インチワイド(1920×1200ドット表示)のTrueLife光沢パネルを採用し、光学ドライブにブルーレイディスクドライブを用意、ネットワーク機能として、ギガビットLAN、IEEE802.11a/b/gもしくは同a/g/n対応の無線LAN、Bluetoothを備えるなど、贅を尽くしたスペックになっている。

 このほか、BTOメニューには、2基のドライブを利用したRAID構成(0/1)や、SSD(32Gバイト/64Gバイト/64Gバイト×2)、AGEIA製のPhysX物理演算カードなども用意されている。

本体背面/左側面/右側面。USB 2.0を各面に振り分け、主要なインタフェースは左側面にレイアウトしている。左側面奧にはS-VideoとDual Link DVIが並ぶ

フルHDに対応した17インチワイドパネルを採用(応答速度12ms)。液晶上部には200万画素のWebカメラを搭載する

 もちろん、基本スペックだけでなくユニークなデザインも特徴だ。同社は2007年6月に個人向けブランドを一新し、さまざまなカラーバリエーションを投入しているが、今回のXPS M1730も同様に、背面パネルを4色(クリムゾン・レッド、ボーン・ホワイト、サファイア・ブルー、スモーク・グレー)から選択できる。

 また、イルミネーションライトを備えた前面左右のスピーカー部とタッチパッドのロゴは、ソフトウェアで16色から設定可能で、その組み合わせは4096通り。さらに、キーボード部にもバックライトが搭載され、キーボード右奧にはLightFXに対応したアプリケーションのステータスを表示するLCDパネルを備えた。

背面のパネルを4色から選択可能。写真はクリムゾン・レッド(写真=左)。バックライトを備えたキーボード。ソフトウェアでオン/オフが可能だが、環境光に応じて自動的に点灯はしない(写真=中央)。キーボード右奧にMP3の曲表示や対応ゲームのスコアなどを表示できるLCDパネルを搭載する(写真=右)。なお、イルミネーションやLCDの表示は、LightFXに対応したアプリケーションからも制御が可能だが、現状では対応ゲームタイトルはほとんどないとのこと

スピーカーとタッチパッドのロゴも色を変えられる(写真=左/中央)。ACアダプタはかなり大きい。1円玉を載せて撮影してみた(写真=右)


 なお、XPS M1730は10月6日にカフェソラーレリナックスカフェ秋葉原店で開催されるロスト プラネットのゲーム大会イベントで展示される予定。また、UDXの壁面ビジョンにはさっそくCMが流れ始めている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう