ニュース
» 2007年06月27日 19時11分 公開

“Yours is here”をテーマに個人向けブランドを刷新――デル10年の総決算

「Inspiron」シリーズの国内投入から今年で10年。デルは従来の「Dimension」を新生Inspironに統合し、デザインや機能面を強化してコンシューマー層にアピールしていく。

[後藤治,ITmedia]

 デルは6月27日、個人向けに展開しているPCのラインアップを刷新し、それにともなう製品ブランドの統合を発表した。

 従来のデスクトップPC「Dimension」シリーズは、ノートPCの「Inspiron」に統合され、ハイエンドに位置付けられる「XPS」シリーズとの2本に整理された。また、これにあわせてInspironシリーズに7モデル、XPSに1モデルの計8機種を投入している。同日行われた発表会では、新生Inspironシリーズの概要やXPSシリーズを含む新製品の特徴などが説明された。

 冒頭の挨拶では、クライアント製品マーケティング本部 本部長の中島耕一郎氏が壇上に立ち、デルのコンシューマー市場における軌跡を語るとともに、新しいブランドのスローガンを解説した。

 国内で初めてInspiron/Dimension XPSが販売されたのは1997年――つまり今年で10年め。その節目を迎えて、中島氏は「日本というユニークで競争の激しいマーケットで、この2つのブランドが継続して発展してこれたのはお客様から頂いた意見の賜物。それと同時に我々デルの製品が常に変化し続けてきた、顧客のニーズに適応してきた証だと思う」と振り返り、顧客とのダイレクトな関係を常に最優先で築き上げてきた点を強調した。

 また、新Inspironはロゴの変更に加えて新たに「Yours is Here」というスローガンも掲げている。中島氏によれば「Yours」はこれから投入される同社のコンシューマー向けラインアップを指し、「Here」は電話やメールなど顧客と同社とのすべての接点を意味するという。同氏は「我々デルはワールドワイドベースで毎日300万人と対話を行っており、これを通じて顧客が求めるPCライフスタイルの動向をすぐに把握できるのが強み」と述べ、今後もユーザーニーズに迅速に対応したラインアップを武器に、コンシューマー市場で製品展開を行っていく方針を示唆した。

1997年にInspiron 3000の国内販売を開始(写真=左)。2003年以降に投入したXPSシリーズでゲーマー層の支持を集めブランドを確立した(写真=中央)。そして2007年にコンシューマー向けPCブランドをInspironとXPSに集約し、新たなラインアップを展開していく(写真=右)

会場の“展示品”をちょっとだけ紹介

 製品ごとの詳細な解説はすでに掲載した関連記事にゆずり、発表会場の様子をリポートしよう。展示されていた製品で最も人を集めていたのは、やはり「XPS M1330」。13.3インチで世界最薄といううたい文句は、たとえそれが前面部の厚さだけを指していても惹かれるものがある。また、Inspironで選択できる天板のカラーバリエーションも全色が並んでいると華やかだった。

やはり目玉は「XPS M1330」。色はルビーレッド、パールホワイト、サファイアブラックの3色から選べる(写真=左)。液晶上部に搭載されるWebカメラは、通常のパネルだと200万画素だが、白色LEDバックライトを選ぶと30万画素になる(写真=中央)。丸みのある液晶のヒンジ機構もユニークだ(写真=右)

Inspironブランドに統合されたコンシューマー向けデスクトップは、フォームファクタとアーキテクチャの組み合わせで4モデルが用意される(写真=左)。Inspiron 1520(写真=中央)。Inspiron 1420/1520/1720の天板は8色から選択できる(写真=右)

発表会の冒頭では、(同社ではめずらしく)モデルによるステージパフォーマンスが行われた

 なお、XPS M1330をもう少しねっとりと見たい方は、フォトレビューを参照してほしい。

関連キーワード

Core 2 Duo | Dell | マイケル・デル | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう