ニュース
» 2007年11月12日 17時31分 公開

ツクモ、オリジナルPC「Evolution」にCore 2 Extreme QX9650搭載モデルを追加

九十九電機は、同社オリジナルブランド「eX.computer」のハイエンドデスクトップPC「Evolution」よりCore 2 Extreme QX9650搭載モデルを発売した。

[ITmedia]
photo Evolutionシリーズ  筐体はAntec製静音ケース「P182」を採用している

 九十九電機はこのほど、ハイエンドデスクトップPC「Evolution」シリーズにCore 2 Extreme QX9650搭載モデル「EB30J-V/X FullAcceleEdition A.C.S」を追加、発売を開始した。BTOカスタマイズに対応、価格は35万9800円から(税込み)。

 EB30J-V/X FullAcceleEdition A.C.Sは、マザーボードにIntel P35 Expressチップセット搭載のASUS製「P5K-E」を採用するミドルタワーデスクトップPC「Evolution」シリーズの新モデルで、最新のクアッドコアCPUとなるCore 2 Extreme QX9650(3.0GHz)を採用した。

 そのほかの標準構成スペックは、搭載メモリがDDR2 2Gバイト、HDDが1Tバイト、光学ドライブが2層対応DVDスーパーマルチドライブを装備。グラフィックスカードはGeForce 8800 GTを利用可能となっている。

関連キーワード

CPU | GeForce | クアッドコア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう