ニュース
» 2007年11月26日 16時01分 公開

エイサー、省スペース筐体採用のスリムデスクトップ「ASL3600/ASL5100」シリーズ発売

日本エイサーは、容量3リットルのスリム型筐体を採用したデスクトップPC「ASL3600」「ASL5100」シリーズの発売を開始した。

[ITmedia]
photo ASL3600/ASL5100シリーズ

 日本エイサーはこのほど、容量3リットルのスリム型筐体を採用したデスクトップPC「ASL3600」「ASL5100」シリーズの発売を開始した。価格はいずれもオープン。

 ASL3600/ASL5100シリーズは、新デザインのスリム筐体を採用するコンパクトデスクトップPCで、静音性を向上させるともに排熱能力を高めているのが特徴だ。

 双方とも単体販売モデルのほか、19インチワイド液晶ディスプレイとのセットモデル/Officeセットモデルを用意、2シリーズ合わせて9製品のバリエーションをラインアップした。搭載CPUは、ASL3600シリーズがCeleron 430(単体モデル)/Core 2 Duo E4300(セットモデル)、ASL5100シリーズがAthlon 64 3800+/Athlon 64 X2/5000+(単体モデル)/Athlon 64 X2 4400+(セットモデル)となっている。メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは160Gバイト〜320Gバイトを搭載。OSはWindows Vista Home Piremium(Celeron 430搭載モデルのみVista Home Basic)。

関連キーワード

Athlon | Core 2 Duo | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう