ニュース
» 2007年11月30日 14時49分 公開

東芝、直販限定のSLI対応「dynabook Satellite WXW」に低価格構成モデルを追加

東芝は、直販限定モデルとなる高機能ノートPC「dynabook Satellite WXW グラフィック強化モデル」に計2製品を追加した。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite WXW グラフィック強化モデル

 東芝は11月30日、高機能ノートPC「dynabook Satellite WXW」のグラフィック強化モデルの新製品2モデル「dynabook Satellite WXW/79DW SLI搭載モデル(型番:PAWW79DLN11W)」「同 WXW/78DW(型番:PAWW78DLN10W)」を発表、本日より直販サイト「東芝ダイレクトPC by shop1048」にて販売を開始した。価格はPAWW79DLN11Wが28万9800円、PAWW79DLN11Wが24万9800円(双方税込み)。

 WXW/79DW SLI強化モデル(PAWW79DLN11W)は、11月8日に発表されたdynabook Satellite WXWのグラフィックス強化モデルをベースとしたバリエーション製品で、搭載メモリを従来の4Gバイトから2Gバイトとしたほか、HDDも160Gバイト×1基構成としたことで価格を下げているのが特徴だ。そのほかのスペックは据え置きで、CPUはCore 2 Duo T7700(2.4GHz)、グラフィックスチップはGeForce 8600M GT×2のSLI構成となっている。

 新たに追加されたWXW/78DW(PAWW78DLN10W)は、搭載GPUをGeForce 8700M GT×1基とした下位モデルで、CPUはCore 2 Duo T7500(2.0GHz)を装備した。そのほかの仕様はほぼ同様で、メモリは2Gバイト、HDDは160Gバイトを備えている。

関連キーワード

dynabook | 東芝 | ノートPC | GeForce | Core 2 Duo | CPU | GPU


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう