ニュース
» 2007年12月17日 16時20分 公開

イーフロンティア、Mac/Win両対応の楽譜作成ソフト「Finale 2008」

イーフロンティアは、楽譜作成ソフト「Finale」の最新版「Finale 2008」を発表した。

[ITmedia]
photo Finale 2008

 イーフロンティアはこのほど、楽譜作成ソフト「Finale 2008」を発表、2008年1月25日より発売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は6万円前後。

 Finale 2008は、MakeMusic製の多機能楽譜ソフト「Finale」の最新版となるタイトル。新機能として、楽譜ファイル内でのオーディオトラックの編集を可能とする「オーディオトラック」機能を装備しており、ボーカルや楽器演奏などを楽譜データに追加可能となっている。そのほか、色付きの音符を表記できる「カラー音符機能」や、複数ファイルにまたがる楽譜情報を一つのファイルに統合する「スコアバインダー」などの機能も加えたほか、各部インタフェースの改善もなされている。

 WindowsとMac OS Xに両対応するハイブリッドパッケージで、対応OSはWindows XP/Vista(32ビット版)、Mac OS X 10.4以降。

関連キーワード

オーディオ | Mac OS X | 楽器 | Windows Vista | Windows XP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう