ニュース
» 2007年12月24日 15時30分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:「超オススメ」の3-way SLIは「50万円の予算があるならねー」 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

初登場から1カ月でPhenomが価格改定――9600 Black Editionの販売予約も

BLESS秋葉原本店で見かけたPhenom 9600 Black Editionの販売予約POP

 年内の登場が事前に告知されていたPhenom 9600 Black Editionの販売予約が先週木曜日から始まっている。価格は3万4000円前後で、発売日は12月25日ごろとされている。ただし、「まだ製品が入荷していないので確実ではありません。AMDから予約販売のGOサインだけもらいました」(T-ZONE.PC DIY SHOP)とのことだ。Phenom 9600 Black Editionはクロック倍率の固定を解除した限定モデルで、クロック数やキャッシュ容量、TDPは通常のPhenom 9600と同じ。

 また、Phenom 9600 Black Editionの投入にあわせてか、すでに出回っているPhenom 9600/9500の価格改定も行われている。これにより、Phenom 9600は3万円弱、同9500は2万4000円前後が平均価格となる見込みだ。金曜日の段階では改定前の価格を残しているショップが半分以上あり、「週末に値を下げます」(フェイス パーツ館)とのコメントが多かった。

 価格改定は負担が大きいためショップの評判がよくないのはいつものことだが、今回は「売れないから再入荷していないんですよ。価格改定が入ったらしいですね。はあ、初回入荷分の売値も下げないといけない……」(某ショップ)など、やや重苦しい声も聞かれる。今回の改定がヒットに結びつくか不安を持つ店員さんが多い様子だ。

 クアッドコアCPUが2万5000円以下で買えるのはユーザーにとって大きなメリットだが、短期間の価格改定を疑問視する意見は以前からある。CPUの仕入れを担当しているある店員さんは「初回に購入した人は面白くないでしょうし、なによりメーカーがあせっていると受け止められる危険が大きい。本来なら半年に1度程度が理想だと思いますよ。今回のPhenomの価格改定はCore 2 Quadを意識したんだと思います。急がなくても、そのうちある程度シェアが伸びるのに」と語っていた。

 その根拠はAMD 700系マザーに人気が集まっていること。「AMD 700系マザーを買った人は、いずれPhenomを買うつもりでしょう。いまは目当てのモデルが登場するのを待っている状態。発表済みのラインアップがすべて出そろう頃には、売れ筋のモデルが見えてくるはず」というわけだ。

金曜日の段階のT-ZONE.PC DIY SHOPのPhenom価格表。土曜日からは9600が2万9379円、9500が2万3940円となる(写真=左)。TSUKUMO eX.は木曜日に価格改定を反映した価格に変更した(写真=中央)。何かと話題のPhenom 9600(写真=右)

製品名:AMD「Phenom 9600 Black Edition
予約受付ショップ
TSUKUMO eX.3万3780円
BLESS秋葉原本店3万3780円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万4440円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう