ニュース
» 2008年02月18日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:苦戦のPhenom――AMDはデュアルの好調をクアッドに波及できるか (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

電源もついて2万円台のお得なmini-ITXマザー「nMCP68St-LA」

AOpen「nMCP68St-LA」

 先週の金曜日、TSUKUMO eX.にAOpenのmini-ITXマザー「nMCP68St-LA」が入荷した。価格は2万8780円で、在庫は少数だ。

 nMCP68St-LAは、Socket AM2に対応したmini-ITXマザーで、Athlon 64 X2をベースに設計しており、小型ながらもある程度のハイパフォーマンスが期待できる仕様となっている。チップセットにGeForce 7025+nForce 630aを採用し、DDR2 SO-DIMM 667/533対応のメモリスロットを2基搭載。拡張スロットはPCIが1基のみで、135ワットのAC電源を付属している。

 TSUKUMO eX.は「AOpenからAMD系の小型マザーが出るのはめずらしいですね。工業用マザーの転用とのウワサもありますが、それにしてはお値打ちですよ。3万円以下で電源もついているので、コンパクトなサブマシンを作るにはもってこいだと思います」と高く評価していた。

nMCP68St-LAの基板。映像出力はアナログRGBのみに対応する(写真=左/中央)。付属のACアダプター(写真=右)

製品名:AOpen「nMCP68St-LA
入荷ショップ:
TSUKUMO eX.2万8780円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう